①『好き』から『もっと好き』へ

②音楽を通じた心の成長を

ピアノが好き、歌が好き、音楽が好き…

皆さんの『好き』を大切に、ひとりひとりの目的や目標に寄り添いながらレッスンいたします。

しかし、とても好きな音楽も、レベルアップしたことにより壁にぶつかることもあります。

そんなときには、様々な視点からの指導をし、克服することをサポートいたします。

 

そして演奏するための技術だけではなく、表現力や想像力をとても大切にしています。

音楽を通じて想像力を高め、そして苦手なことを乗り越えることによる、精神的な成長を一緒に感じていただき

今の『好き』が『もっと好き』になるように指導させていただきます。

講師 田川えり

【プロフィールに書いていない、田川えりのプロフィール】

音楽が大好きな幼少期、4歳よりピアノを近所の個人教室にて習い始めます。

ピアノを弾けることがとてもうれしく、毎日欠かさず練習をし、小学生の頃は登校時間ギリギリまでランドセルを背負いながら練習していたことを思い出します。

 

中学生になると合唱部に入部します。

部長、ピアノ伴奏、パートリーダー…合唱が、歌が、部活動が好きすぎて、なんでもやりました。そして当時はコンクールでいい順位をもらうことが最大の目標でしたが、顧問の先生に言われてハッとしたことがあります。

『みんなにはいい順位をとってほしいわけではない、いい歌を歌ってほしい。そして音楽を通じて人として成長してほしい。』

そして顧問の先生や音楽の先生から本格的に声楽を学ぶことを勧めていただき、名古屋市立菊里高等学校音楽科に入学します。

高校生からはプロになることを目指し、声楽に必要な基礎的な発声や体の使い方をはじめ、先生に教えていただいたことをできるようになるように、必死に歌っていたと思います。

その他にも、演奏に必要な表現力を自分の内側から出せるように、自分の目で実際に見て、肌で感じることなど、演奏に繋がることを勉強できるようにしていました。

国立音楽大学入学後、オペラの世界に魅了され大学3年生より選抜のコースである「オペラ・ソリストコース」で学びます。

卒業後は東京と名古屋を往復しながら、多くの演奏会やオペラに出演し、現在は地域に根差した芸術・文化発展を念頭に置いて、演奏活動と指導を行っています。

 

音楽の道に進もうと思えたことは、私自身の中にあった音楽に対する『好き』という感情を、これまでに教えてくださった先生方はとても大切にしてくださったからこそです。

そして中学部活動の顧問の先生がおっしゃった言葉が、今でも私の演奏にも指導者としても、とても影響しており大切にしていきたいことです。